傾聴ボランティア講座2015秋

2015年度傾聴ボランティア講座が 
ボランティアセンター主催 共催:池田傾聴「なごみ」で実施されました。

『10月7日(水)から毎週水曜日 3回コース 、市保健福祉総合センター 4階 会議室2』

 ナイチンゲールの看護覚書の中に「患者は(中略)たった一人でもよい
から、何でも自分の思っていることを素直に話せる相手がどんなに
ありがたい事だろう」という記述があります。


 傾聴ボランティアは話をする機会が
少なくなり、孤独や不安な方々に対してお話を聴くボランティアです。
傾聴とお話し相手は違うことも学びます。

今は、80歳以上のおおよそ3割は認知症を患っているそうです、
認知症の方にも傾聴の必要がある事も学びます。
認知症の方でもしゃべると心が軽くなり、常に緊張している心が軽く
なるのです。



2015講座風景
鴨志田五男さんの傾聴講座風景
 他に孤島にたどり着いた遭難者同志の葛藤を例題に、グループでディスカッションし結論を出す勉強もします。それも、傾聴の基礎を学ぶ為のもの、ロールプレイでは3人が一組で、話をする人・聞く人・立ち合うひとで訓練をしました。終了後には、傾聴ボランティア活動をされる方が沢山出ると思います。 【投稿 健司】
傾聴ボランティア講座を池田傾聴「なごみ」さんと共催で開催しました。施設側より入所者の方の話し相手をしてほしいという、ボランティア依頼が多く、講座受講者の方も比較的大勢で嬉しく思っています。講座終了後は学びを実践に活かし、いろいろなところで、活躍していただけたらと思います。(センター中西様)
スポンサーサイト
プロフィール

徳兵衛

Author:徳兵衛
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR