FC2ブログ

澤村直樹先生の傾聴講座

傾聴ボランティア「心の倉庫」

傾聴ボランティア「心の倉庫」では八尾勝先生にご指導頂き、会員だけでなく公開講座として
一般の方々にも受講して頂いています。同時に、八尾先生以外の先生方のお話も伺って
できるだけ 幅広く傾聴のこころや考え方を身に付けるよう推奨しています。

今回はNHK学園の「傾聴講座」監修者・澤村先生の講座が猪名川町社協主催で開催されると
伺い、出かけて見ました。


テーマ温かな聴き手を目指して
日時
会場
受講者
H29.8.29(火) 10:00-15:00
猪名川町社会福祉会館
47 名

猪名川町澤村講座2017
1.
傾聴活動の現状
日本傾聴塾(村田久行教授)とホールファミリーケア協会(鈴木絹英理事長)が2大団体。前者はホスピス対象で傾聴の決まり事が結構厳格で、後者は高齢者対象(しかし養成講座の価格が割高?=投稿者意見)。現状は「居場所作り」「家事援助」との組合せなど幅広くなっている。
2.
様々な傾聴例
運動・折紙・歌・・等と組み合わせた多彩な傾聴例がある。私(投稿者)が傾聴の基本を学んだ頃はお話をひたすら聴くに専念し、小道具は御法度でした。ホスピスでは本来の傾聴が必要であるが、少しづつ変わってきていることを認識しました。利用者にとっての「居心地良さ」を大切にする。
3.
困り事や実例
①個人ボランティアで活動される方もいらっしゃいますが、一人で「振り返り」は難しい。
②傾聴活動を行っている自分も大事だけど、自分よりも利用者第一で考えると解決策が見えてくる。
③従来の傾聴は「悩み」をひたすら聞く。 1990年代から「悩み」は悩みとして聴き、どうしたら良いか、一緒に解決策を探す作業に同行する。落ち込みに共感するだけではますます落ち込む時は「目標」を聞く。「どうなさりたいのですか」・・・最近のことが聞けて良い勉強になった。

猪名川町「みみい~な」代表の山田さん、北村勝巳さん、川西よりそいの毛利洋子代表、土岐前代表 大変お世話になりました。今後も交流を続けられたらと思っています。

【傾聴ボランティア「心の倉庫」世話人 竹内詔夫】
プロフィール

徳兵衛

Author:徳兵衛
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR