FC2ブログ

夏休み手づくりおもちゃ子どもカーニバル@茨木

2015.8.19(水) 曇
こんにちは、今日は茨木市民会館ドリームホールで開催された手づくりおもちゃの催しに出かけました。SAいばらぎの辻会長さんのお出迎えで松本前理事長さんやおもちゃ部会の島田部会長、木場支援部長さんの熱烈歓迎で、「遠いところからようこそ」と。

SAいけだの3人のお嬢様と付き添いの男性1名は割り当てて頂いた一角で早速店開き。品物は得意の巻きの「ロケット」と「折紙バッグ」です。
Ibaragi_3daughtersIbaragi_Origami bag
                    SAいけだの三人娘(右列)と折紙バッグ

今日は応援に私達の外、SA守口、SA18期ぴよぴよ、SAとよなか、連協伝承玩具部会が駆けつけました。SA会員60名が待ち受けるなか、11時に3人の親子連れを先頭に4時まで120人の入場者で賑わいました。こども達には男の子も女の子にも動くおもちゃが人気でSAいけだのロケットは2時には50個完売でした。折紙バッグは30個うれたかな。

ほかのグループではSAいばらぎの「2重シャボン玉」、SA守口の「5匹の可愛い子犬」が注目でした。
2重シャボン玉 5匹の子犬

SAの皆さん、お世話になりました。楽しい一日でした。では、次回のおもちゃカーニバルでお会いしましょう。【投稿 竹内詔夫】
スポンサーサイト

池田ボラ連の昔のはなし

今日(2015.8.5)はボラ連の昔の会長さんにお目にかかって話を伺いました。
谷本充甫さんです。社交ダンスのサークルの代表としてS62.9.19のボラ連設立当初から関わっておられ、H14まで中抜きで10年間、副会長・会長を歴任されました。

1.V連は以前宇保町の社協事務所にあって、ここNビルのVセンター分室は
  初めて来た。ここは当初は居酒屋などがあったが、流行らなくなって立ち
  退き、その後を活用している。
2.VGI(ボランティアグループ池田)は池小のPTAOBが呉服小を借りて始めた
  社交ダンスがはじめ。豊中から治家誠さんが講師で公民館に移って活動した。
  その時、治家さんから初めて「ボランティア」という言葉を聞いて勉強した。
  最初知らないものだからBGIと言っていた。   阪大生が参加してきて、
  「ボランティア」の字はBではなくてVですと。大笑いだった。ダンスもしたが、
  みんなでボランティアの勉強を何回もやった。
3.ボランティアで何ができるかとなると、まず障害者や老人だった。
  施設にでかけて。資金が要るのでダンスパーティ(指導と場所提供)をやって
  資金稼ぎをして施設にクリスマスのプレゼントを持っていったりした。
4.今の公民館講座は教養だけになっているが、昔は公民館講座を卒業したら
  同期でグループを作って活動していた。趣味を活かしてボランティアができる。
  ボランティアは施すのではない。こちらの演技を見て貰える人がいてこそボラン
  ティアができる。
5.VGIはH18年に30周年を目前に解散した。だから発足はS51年である。
  約60名。高齢化でペアが組め無くなって。解散の時、残っていた資金70万円
  ほどボラ連に寄付した。各グループに分配してしまったと言ってましたが。
6.現在は「いけだ植物同好会」会員80人を主宰されているそうです。35年。
  子どもにも教えるそうです。  お元気でした。


よいお話を伺いました。

①ボラ連の起源が老人福祉課や社会教育課(教育委員会)の行政かと思って
  いましたが、民間のグループ活動ももう一つの起源になっていました。
しかも、福祉ではなく、趣味・カルチュアの分野。
②「趣味を活かしてボランティア」の話は30年以上のご経験からで、今でも
いや今だからこその新鮮さを感じました。
今後のボラ連の方向性だと思いました。
③財政の話も少し、見えてきました。  個人やグループのまとまった
寄付が あったのですね。
以上
第2回座談会谷本
       宮地        谷本      竹内

プロフィール

徳兵衛

Author:徳兵衛
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR